かき殻石灰

鳥羽かき殻石灰しおさい

地球環境にやさしい天然動物性有機石灰

鳥羽の豊かな海に育まれ、ゆっくり時間をかけて育った「かき」
このかきの殻には炭酸カルシュウムをはじめ、海のミネラルが豊富に含まれています。

 

鳥羽市のカキ養殖の歴史は古く、昭和2年に浦村町で始まったのが最初とされています。このカキ養殖も現在では、市内の安楽島、小浜、和具浦、畔蛸、千賀、堅子、桃取町でも養殖され、生産量は、市内水産養殖業の大きな割合を占めています。
時代の流れで、水質浄化などにも効果あると言われているこのかき殻を再利用できないものかと調査と検討を続けてきました。
そこで財団法人鳥羽市開発公社では、このかき殻の塩分を抜き、乾燥、粉砕という過程を経て袋詰めし、「鳥羽かき殻石灰しおさい」として販売することといたしました。酸性土を中和する土壌改良材として優れており、無添加なので環境にやさしく安心して野菜などの肥料としてお使いいただけます。
また、鯉等の淡水魚の養殖業者の方からも、「池に散布すると水がきれいになる、病気になりにくい」という声をいただいております。

かき殻石灰しおさいの成分はこのようになっております。

炭酸カルシュウム

窒素

リン酸

カリウム

マグネシウム

珪酸

マンガン

ヨード

ホウ素

亜鉛

92.6%

0.09%

0.1%

0.03%

0.2%

0.48%

1.75ppm

66ppm

49ppm

26ppm

11ppm

2ppm

特徴
 

アルカリ分48%
酸性土壌を緩やかに中和し、土壌中の有効微生物の活性化を促進します。
石灰分だけでなく、豊富なミネラルを補給し、作物根の分岐発達を促進します。
天然動物性有機石灰であるため、多量施用でも過剰障害をおこしにくい商品です。

施肥料(10a当たり、1袋=20kg)

果樹

野菜

花き

水稲

工芸作物

5〜8袋

7〜8袋

5〜6袋

5〜8袋

5〜6袋

6〜7袋

価格

1袋(20Kg)=500円(税込)です。

お問い合わせについて

かき殻石灰しおさいのお問い合わせについては、下記鳥羽かき殻加工センターまでお願いします。

一般財団法人鳥羽市開発公社
鳥羽かき殻加工センター
〒517-0025
三重県鳥羽市浦村町826
tel 0599-32-2015
fax 0599-32-2016
e-mail siosai@amigo.ne.jp

※現在ホームページ上での通販は行っておりません。今後のご注文状況等により検討させていただきたいと思いますのでご了承ください。

開発公社TOPへ戻る